Sesame4のWiFi Module2を付けてみました

生活雑貨

我が家では遠隔で施錠が出来るSesameを付けています

以前の記事の時は、単体のBluetoothで作動させてましたが2階から1階の玄関の扉を開けるにはBluetoothでは届かない時がありました

そこで頼んでいたWiFiモジュールが届いたので設定しました

WiFi Module2

届いた箱がまた小さい

入っていたのはWiFiモジュールと小さく折りたたんだ説明書き

WiFiモジュールはの電源はUSBのみ

モジュールの付け方

Sesameから4m以内でないと電波が届かないようです

説明書きの絵にあるようにコンセントのジャックが必要になるので、我が家はiPhoneの電源ケーブルで余っていたUSBのジャックを使うことにしました

コンセントにつけるとこんな感じになります

見てもらってわかるように、ジャックとモジュールとで5cm弱出っ張ります

付けてすぐやWiFiが繋がっていない時は赤く点灯しています

WiFiが繋がっていると青く点灯します

どう見ても飛び出てて邪魔ですね

ぶつかるとよく赤くなったりしてしまいます

Sesameさん、次はコンセント一体型にしてもらえると助かります

WiFiアクセスポイント設定の仕方はこちら

電池の消耗について

WiFiに変えてから、Bluetoothで使っていた時のSesameの電池容量が持ち直したのにはびっくりでした

ですが寒くなるに連れて、Sesameの電池の消耗が激しくなってきました

外気と隣合わせの扉なので冬場は電池が少なくなったら早めに交換した方が良さそうですね

最後に

WiFiにして繋がるまでの時間が待たなくてよくなりました

2階から電波の繋がるとこに移動しなくてもどこからでも施錠が出来ます

外出時も家が見えた時に開けることも可能です

WiFiモジュールのおかげで快適になりました

参考になればと思います

にほんブログ村 雑貨ブログ 生活雑貨へブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました