スポンサーリンク

子宮筋腫の手術の退院後の生活

※ 記事内に広告が含まれています。

暮らし

子宮筋腫の経緯や準備手術での入院生活は記事にしていますのでそちらも参考に読んでください

今回は退院してからの生活はどのように過ごさなければいけないかを書きたいと思います

スポンサーリンク

退院後の禁止事項

  • 重いものを持ったり力まない
  • 性交渉
  • 湯船に浸かる
  • 自転車に乗らない

以上の4点を言われました
先生からの許可が出ない限り禁止事項なので、次回の検診(1ヶ月後)までは無理そうです(3ヶ月は無理と検診で言われした)

自転車は先生と看護師さんとの話してちょっと違っていました
基本力を入れるから危ないので乗らないでって事でしたが、電動自転車では力を入れずなら良さそうでした

生活での支障

買い出しには自転車で行っていたのが乗れないので歩きか自動車なのが不便です
重いものが持てないので買い出しは家族に付き合ってもらうか、少しずつ買うかで今までの様に特売に大量買いは無理になりました

湯船に浸かれないのでゆっくり温まることも出来ず体の芯が温まりません
足を伸ばしてリラックスしたいです

やることが難しかった事、困った事

入院中も思ってましたが、ズボンのウエスト部分がおへそにあたり痛いです
ゴムの寝間着はウエスト部分をおへそより上に上げてました
ズボンのボタンは外していたりしています
少しの時間ではいいですが、1日外出では傷口が痛かったり痒かったりするのでその時はオーバーオールを着ています
退院の服はワンピースがいいかもしれません

咳するとお腹の傷が痛いです
入院中に麻酔の関係で咳が出ていた時は辛かったですが、慣れてくると退院後の咳は大丈夫でした
友人は笑うのも痛いと言っていました

退院後2週間ぐらいは高いところに腕を伸ばして物を取るとお腹が引っ張られて違和感があり、お腹の中の傷が開きそうなので無理して取らずに家族に頼んで取ってもらうか台を使いました

入院中からですが、傷口が乾燥しかさぶたになってきたところが痒いです
乾燥には保湿がいいですが傷口に塗るのにためらい、しっかりかさぶたが取れるまでは直接塗ることはしませんでした

退院の時の説明で傷跡が残らないテープがあるので貼っていいですよと言われましたが、見えないとこだし1.5cm程の傷なので私は貼っていません

術後3週間の傷口は周りが乾燥していて触るとわかる程度のケロイドで正面からでは盛り上がりはわかりにくいです
写真を載せますが汚いおばさんのお腹が映るので見たくない人はスクロールしてください

術後改善されてよかった事

これは個人で違うと思うので私の場合として書いておきます

準備編の腫瘍が原因で不調のところに書きましたが、便秘だったのが圧迫されてるのがなくなり快腸になりました
入院中はマグミットを処方してもらって飲んでいましたが、退院後は入院中にもらった分を飲み終えてからは飲まずでも大丈夫になりました

もうひとつは下腹の冷えがなくなりました
腫瘍で膨らんでいた下腹が凹む程劇的には変わってませんが、いつも冷たかったのが和らいでます
これも便秘の解消になっているかもしれません

閉経と更年期について

子宮を取ったことで生理は終わりましたが、私の場合は卵巣は取っていませんので排卵はあります
排卵がある場合は閉経ではないそうです

では閉経はいつかの質問をしたところ更年期障害が出た時だそうです
個人で更年期障害の出は違うので難しいですね

人間ドッグで月経の書く欄で閉経の欄もあるので、そこにはどうやって書くのか質問したところ「手術で取った旨を書くか、そのまま最終日で書く」そうです

月経前症候群(PMS)はどうなるのか

私はPMSもちで月経2日前には頭痛がしてました
なので、今回これもなくなるのか質問したところ排卵はあるのでPMSがなくなることはないそうです

術後1ヶ月経っていないので頭痛がどうなっているかはわかりません
またこちらは更新したいと思います

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました