【レシピあり】混ぜるだけでベイクドチーズケーキを作る

お菓子

チーズケーキといっても、スフレ、ベイクド、レアと何種類もあります

スフレチーズケーキ・・・メレンゲを入れてふわふわの仕上がり。焼く時は湯煎焼きをします。

ベイクドチーズケーキ・・・オーブンでしっかり焼いたもの。ニューヨークチーズケーキとも呼ばれます。

レアチーズケーキ・・・ゼラチンを入れて冷やし固めるので焼きません。

チーズケーキって難しそうって思われますが、混ぜるだけで作れます

クリームチーズに必要な材料と作り方が載っています

作り方はパッケージを開けないと見れないので、買うのを躊躇するかもしれません

文字だけの説明なので、写真を載せたいと思います

ベイクドチーズケーキ

材料 直径15cmの丸台

クリームチーズ    200g
砂糖          60g
卵            2個
薄力粉         25g
生クリーム     150ml
レモン汁       大さじ1

土台の下にビスケットを引く場合
ビスケット       10枚
バター         20g

作り方

土台にビスケットを引く場合
バターを湯煎で溶かし、砕いたビスケットと混ぜる

ビニール袋の中でビスケットを砕くと楽に出来ます

オーブンシートを引いた型の底に敷き詰めます

手がベタベタするので、ビニール袋を裏返して手袋代わりにするといいですよ

オーブンを180℃に予熱します

クリームチーズを室温に戻したところに砂糖を加えて、泡立て器でよく混ぜます

室温に戻してもかたければ、電子レンジで少し温めてください

なめらかになったら卵を一つずつ入れて都度混ぜます

振るった薄力粉を入れてまた混ぜます

生クリームも入れてさらに混ぜます

レモン汁もその後に入れて混ぜます

レモンが苦手なら入れなくても大丈夫です

我が家は嫌いな人がいるので入れていません

材料を混ぜ終えたら型に流し入れます

180℃のオーブンで40分焼きます

爪楊枝や竹串をさして液体の生地がつかなければ出来上がりです

少しわかりにくいですが、焼けたチーズケーキが付くこともあります

熱いうちはふわふわですが味がぼやけています

粗熱がとれてから型からはずし、冷蔵庫で冷やします

粗熱がとれるとしぼんでしまいます

冷蔵庫で冷やすことで固くしっとりとしたチーズケーキになります

しっかり冷やして、オーブンシートを取って完成です

ビスケットを敷いた時の断面はこんな感じになります

最後に

粉糖をかけて絵をつけてみたりも出来ますよ

意外と簡単なのでおすすめです

参考になればと思います

使えるグッズ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました